フラットヘッド(サイドバルブ)高額買取実施中のバイクブーン名古屋支店

フラットヘッド(サイドバルブ)高額買取実施中のバイクブーン名古屋支店

2013年11月29日 ハーレー
09 熱損失が高いのでバックファイヤーなどもありますが OHVのエンジンでそこまでまわしませんよね? 非常にシンプルで分かりやすいエンジンだと思います。 また、フラットヘッド(サイドバルブ)エンジンは 1930年~1973年まで非常に長い期間販売・開発改善されていました。 長きにわたりファンもおり、今もどんどんファンが増えているハーレーのエンジンです。 よくある、買取屋さんでこのフラットヘッドを愛していない場合は エンジンのサビなどで非常に金額を下げられてしまうようです。 1930年代のエンジンで錆びていない実走しているものは、 多分誰も見たことないんじゃないでしょうか? また1930年代の鉄は、正直今の合成されているものよりも、よりマニアックで いいのではないか?って現場で疑問を抱いております。 っとフラットヘッド(サイドバルブ)の売却をお考えなら、 ハーレーを知っている人、または愛している当社までお問い合わせください。 筆談;名古屋支店山西
  • 今すぐ無料出張査定申込
  • 今すぐ無料申込み